WTON・WTOF命令の使い方

IAIのSEL言語を使って入出力ポート待ち・フラグ待ち操作を行う場合に使用する命令です。
XSELやMSELで使用することができます。

  • WTON:入出力ポート・フラグのON待ち
  • WTOF:入出力ポート・フラグのOFF待ち

命令の記入方法

SEL言語構造のCmndにWT命令を入力し、Operand1に入出力ポート番号・フラグNoを記入します。Operand2に待ち動作打ち切り時間を入力します。

拡張条件入力条件命令操作1操作2出力部
EN,CndCmndOperand1Operand2Pst
WTON
WTOF
出力
フラグ
待ち
打ち切り時間
TU

WTON・WTOF命令のサンプルプログラム

WTONとポート番号を入力するだけでON待ち動作を実現できます。
またWTOFとポート番号の入力に加えて操作2に時間を記入することで、一定時間経過した後に命令をスキップさせることができます。

拡張条件入力条件命令操作1操作2出力部コメント
EN,CndCmndOperand1Operand2PstComment
WTON16入力ポート16のON待ち
BTOF4001010秒間、出力ポート400のOFF待ち
(10秒経過したらスキップ)

変数を利用して待ち動作を実現することも可能です。LET命令で変数の箱に値を代入した後に、その数値をWTON命令で使用しています。(アスタリスクを付けることで変数の中身を参照できます。)

拡張条件入力条件命令操作1操作2出力部コメント
EN,CndCmndOperand1Operand2PstComment
LET3400変数3に10を代入
LET420変数4に20を代入
WTON*3*4出力ポート400がONに
なるのを20秒間待ちます。
(20秒間ONしない場合はスキップ)