LET命令の使い方

IAIのSEL言語を使って変数代入操作を行う場合に使用する命令です。
XSELやMSELで使用することができます。

  • LET:変数代入

命令の記入方法

SEL言語構造のCmndにLET命令を入力し、Operand1に変数Noを記入します。Operand2に数値(データ)を入力します。

拡張条件入力条件命令操作1操作2出力部
EN,CndCmndOperand1Operand2Pst
LET変数No数値
(データ)
ZR
スポンサーリンク

LET命令のサンプルプログラム

変数2にデータである100を代入するプログラムです。
2 = 100 ; のイメージです。一般的な高級言語では2でなくxやyなどのアルファベットを使いますが、SEL言語では変数名にアルファベットを使うことはできません。

拡張条件入力条件命令操作1操作2出力部コメント
EN,CndCmndOperand1Operand2PstComment
LET2100変数2に100を代入

数字の前にアスタリスクを記入することで、変数に入っている中身を直接扱うことができます。

拡張条件入力条件命令操作1操作2出力部コメント
EN,CndCmndOperand1Operand2PstComment
LET23変数2に3を代入
LET411変数4に11を代入
LET*2*4変数2に変数4の中身である11を代入
(変数2に入っていた数値の3が
 消えて11に変わる)