SMCの製品種類多すぎ問題~WEB機種選定プログラムを使おう~

SMC

SMCの圧倒的なカスタマイズ性による弊害

5ポートソレノイドバルブの種類にSY・VQ・VFS・JSY・SJ・・・・などなど色々存在してさらに、3ポート4ポート、直動式パイロット式と種類が多すぎる。さらにSYシリーズの中でもSY3000~SY9000まであり、2位置シングルから3位置プレッシャセンタまでも揃えている。
以下にカタログの抜粋を載せますがこれも膨大な種類の製品のほんの一部分であります。

カタログを開いて欲しい種類の製品ページを探すのも大変なのに、地味に利用するオプションはまったく別のページに記載されていたりする。製品のバリエーションが多すぎるので型式選定に困るのがSMCの製品です。

製品種類が多すぎる

SMCの人いわく、昔は1/10以下だったそう。「お客様の要求する製品を作る」→「保全需要があるため廃盤にできないのループ」に陥って延々と製品が増え続けてしまっている。キーエンスは売れない製品を廃盤にするがSMCはそうではない。

SMCの従業員も製品に詳しくない

展示会でSMCの人に聞いても詳しい回答が得られないのがつらい。以前、弾性体シールと金属シールの違いを聞いたが「金属の方が耐久性があるんじゃないですかね~」で終わった。その人も製品バリエーションが多すぎると困ってるくらいなのに僕がわかるわけがない。
SMC製品で不明な点はフリーダイヤルで聞けばいいが、フリーダイヤルはつながらないことが多いので、懇意にしてる支店に直接電話するとよい。

SMC機種選定プログラムを使うのがベスト

SMC- 機器選定プログラム
SMC製品を最適に機器選定が出来るプログラムを紹介しています。

WEBで公開されている機種選定プログラムを使って流量や圧力を入力すれば自動で対応する製品を選んでくれる。さらに、ダウンロード版も用意されているためインターネットにつながらない端末でも機種選定が可能だ。